本格 鶏肉とハーブの白いミートソース (鶏のラグー)の作り方/レシピ

鶏肉とハーブの白いミートソース パスタ
パスタイタリアン本格レシピ
広告

短時間で作れる本格的な味わいの鶏肉のミートソースをご紹介します。
材料もスーパーで手軽に手に入るものばかりなのでおすすめです。
なにより思った以上に簡単に作れますよ。

広告

材料(2人前)

・ペンネ 140g
・鶏モモ肉 300g(1枚)
・玉ねぎ  1個
・ニンニク 1かけ
・エクストラバージンオリーブオイル 大さじ3
・ローズマリー(乾燥) 小さじ1/2
・パセリ(あれば) 1本 
 ※イタリアンパセリの場合は1パック
・塩 小さじ1
・水 100cc
・胡椒 お好み
・パルミジャーノレッジャーノ お好み

パスタはペンネやリガトーニなどの穴の空いたショートパスタがおすすめですが、もちろんスパゲッティなどお好みのものでOK。
また、ハーブはローズマリーに限らずセージやオレガノでも美味しいです。ミックスしてもいいですね。
もちろんフレッシュなものであれば尚香りがよくなります。

所要時間

30分

美味しく作るポイント

・玉ねぎは繊維に逆らって切って甘みをたたせる
・ソースに色をつけないように具材は焼き色をつけない
・油っぽくならないように鶏皮は取り除く
・パスタを茹でるお湯は味噌汁と同じくらいの塩っぱさ
仕上げに青臭いエクストラバージンオリーブオイルを多めにかける

作り方

1. ニンニク1かけは潰して皮を剥いておく。

2. 玉ねぎは皮を剥き、頭とお尻を切り落として半分にカット。繊維(スジ)に逆らってスライスする。

写真では横方向に繊維が入っている。これに対して垂直に包丁をいれて繊維を断ち切る、

☝️ポイント
・繊維に逆らって切ることで火が通りやすくなり、甘みが引き立ちます。
 逆に食感を残したい場合は繊維に沿って切りましょう。

2. シリコンスチーマーに入れ、蓋をして700wのレンジで10分加熱する。
※シリコンスチーマーがない方は耐熱のガラスボウルなどにラップをして代用してください。
 決してアルミのボウルをレンジにかけないこと!

3. パセリ1本は茎を取ってを微塵切りにしておく。(省略可)

4. 鶏モモ肉は皮を剥がして、1cm位の角切りにする。

1cm幅くらいにスライスして、向きを変えて再度切って角切りに。

☝️ポイント
・今回のソースはエクストラバージンオリーブオイルを多めに使うので油の多い鶏皮は取り除きます。

5. 鶏肉の重量に対して約1%の塩をする。
今回は鶏肉が皮付きで300gだったので、皮を除いて約250g→2.5gの塩(小さじ1/2)。

6. 胡椒もお好みでふっておく。

 

玉ねぎの加熱が終わりました。

7. 鍋にオリーブオイル大さじ1ニンニクを加えて弱火にかける。

8. ニンニクのフチが色づいてきたら、鶏肉と玉ねぎを加えて中弱火に火力をあげる。

白い煮込みなのであまり色はつけない

9. 玉ねぎにも後で調整できるようにここでは少なめ小さじ1/3程度の塩をふり、中弱火のまま鶏肉の色がかわるまで炒める。

10. ローズマリー小さじ1/2水100ccを加えて蓋をして中弱火で15分煮る

11. 煮上がりに合わせてパスタを茹でる。
茹で汁はたっぷりのお湯に味噌汁と同じくらいのしょっぱさになるように塩を入れます。
茹で時間はペンネなどショートパスタの場合は表記時間ジャスト。スパゲッティなどのロングパスタの場合は表記より1分短めがおすすめ。

12. 煮上がったらソースにパスタとパセリを加えて中弱火で温めながら和える。

13. パスタがソースを吸って、ソースの水分がこれくらいになったら仕上がり。味見をして塩で調整を。

14. 器に盛ってお好みでチーズと胡椒をふり、美味しいエクストラバージンオリーブオイルを1人前につき大さじ1かけたら完成!
☝️ポイント
・できれば器は事前にお湯やレンジで(レンジ対応の器のみ)1分ほど温めておきましょう。
・仕上げにかけるエクストラバージンオリーブオイルはできれば青臭いものがおすすめ。スーパーで手に入るものであればBoscoがいいと思います。

仕上げのエクストラバージンオリーブオイルが決め手!

完成!

鶏の旨味に玉ねぎの甘み、ハーブとフレッシュなオリーブオイルの爽やかな香りがマッチした味わい深い一品です。
ぜひ試してみてください。

おまけ おすすめのオリーブオイル

青いフルーツのようなフレッシュな香りとオリーブ本来のスパイシーなニュアンスを感じる非常に美味しいオイル。 デイリー使いしやすい価格も◎

シチリア産の最高級オリーブオイル。青りんごのような香りに、オイルとは思えない強い旨み。これをかけるだけでなんでも美味しくなるレベル。高いけど価値あり。

広告
この記事をシェアする
Home Gourmetをフォローする
Home Gourmet(ホームグルメ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました