アスパラと生ハム、マスカルポーネクリームのパスタの作り方/レシピ

アスパラと生ハム、マスカルポーネクリームのパスタ パスタ
パスタイタリアン本格レシピ
広告

春に美味しいアスパラと相性の良い生ハムを合わせたクリームベースのパスタをご紹介します。

ソースに使うのは、生クリームでなくマスカルポーネチーズ
生クリームよりも軽いのにコク深い超おいしいクリームソースが簡単に作れます。
手に入らない方は普通のクリームチーズで代用いただいてもOKです。

広告

材料(2人前)

・ペンネ         140g
・アスパラガス      太め4本
・プロシュートディパルマ 4~5枚
・マスカルポーネチーズ  100g
・EXVオリーブオイル   小さじ2
・にんにく        中1かけ
・アンチョビフィレ    2枚
・胡椒          適量

パスタはペンネの他にもフジッリやリガトーニなどのショートパスタでもOK。
お好みで太めのスパゲティでも大丈夫です。

生ハムはぜひ美味しいものをお使い下さい。
特におすすめなのがプロシュートディパルマ(パルマ産生ハム)!
「ハムの王様」と称されるだけあって、うまみと香りが段違いです。

Access denied

アンチョビは便利なチューブタイプのものでもOK。
もし家に無ければ入れなくても構いません。その場合は塩を少し足して塩気を補って下さい。

所要時間

20分

美味しく作るポイント

・パスタを茹でるお湯には味噌汁と同じくらいの塩っぱさになるよう塩を加える。
・にんにくを弱火でじっくり加熱し香りを引き出す
・ソースは生ハムの塩気を考慮して少し薄めの塩加減に
・食べているうちにパスタがソースの水分を吸ってソースが重くなるので、水で調整し少し緩く仕上げる
・パスタをソースに絡める際には無理に煽ったりせずさっとでOK

作り方

1. パスタを茹でる湯を沸かす。

2. にんにく1かけの根本を切り落とし、潰しておく。

3. アスパラガス(太め)4本は根本部分が固いので根本から半分部分の皮を剥く。

4. 根本1cm位を切り落とし、4~5cmにカットする。
今回は太かったので更に縦半分にカットしました。

5. パスタを茹でる。

湯には味噌汁と同じくらいの塩っぱさになるよう塩を加える。
茹で時間はショートパスタの場合は表記時間ジャストスパゲティの場合は1分ほど短めがおすすめ。

6. フライパンにEXVオリーブオイル小さじ2とにんにく、アンチョビフィレ2枚を加えて弱火にかける。

弱火でじっくりとにんにくの香りを引き出す

7. にんにくが薄く色づいてきたら火を止めて、マスカルポーネチーズ100gと茹で汁50ccを加え、混ぜ合わせる。

8. パスタが茹で上がる2分前になったら、同じ鍋でアスパラを茹でる。

9. パスタが茹であがったら湯切りをしてソースに加え、中火で温めながらさっと絡める
仕上げに味見をして塩味を塩(分量外)で、濃度を水で調整する。

・生ハムの塩気を考慮して少し薄めの塩加減に
・食べているうちにパスタがソースの水分を吸ってソースが重くなるので、少し緩く仕上げる
・無理に煽ったりせず、さっと絡めるだけでOK

10. 器に盛り、上にプロシュートディパルマ2〜3枚分を手でちぎって乗せ、胡椒をふったら完成!

いかがでしょうか?

アスパラの美味しい時期にぜひ作ってみてください!最高ですよ!

一緒におすすめの前菜のレシピも併せてご覧ください。

 

広告
この記事をシェアする
Home Gourmetをフォローする
Home Gourmet(ホームグルメ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました