簡単にできてもう1品に丁度いい 春菊の胡麻和えの作り方/レシピ

和食
和食副菜ベジタリアンビーガン簡単レシピすぐできるレシピ本格レシピ
広告

今日はお酒のおつまみに、またもう1品欲しい時に重宝する春菊の胡麻和えを紹介します。

こう言った和え物はレパートリーを増やしておくと本当に便利ですよね。これから沢山紹介していこうと思います。

昆布だしのめんつゆをお使いいただければ、ベジタリアンやビーガンの方も召し上がっていただけます。

広告

材料

・春菊 1束
・練り胡麻 大さじ1
・めんつゆ 大さじ1
・すり胡麻 小さじ1
・塩 適量

所要時間

5分

作り方

  1. 春菊の根元ギリギリを切り落とす

2. お湯を沸かして、塩を味噌汁よりもすこし薄めくらいになるよう入れる。

茹で汁は面倒ですが大事な下味になるので1回味見してみてください。

3. 春菊を茹でる。20秒ほどですぐにザルにあげる。

ざるにあげて水気を切りつつ粗熱をとる

4. 大きめのボウルにめんつゆ大さじ1、練り胡麻大さじ1を合わせておく。
※めんつゆは物によって塩分が違うので、調整してください。この4倍濃縮タイプでは春菊1束に対して大さじ1で丁度でした。

5. 春菊の粗熱がとれたら(手で触れるくらいになったら)1口大にカットし、ボウルの胡麻だれと和える。

1口で食べれるくらいのサイズにカット

6. すり胡麻を小さじ1加えて和える。

器に盛って完成!

シンプルですが胡麻のコクと春菊のほろ苦さががたまらない1品です。こういう定番を食べると先人は良いものを残してくれたとつくづく思います。

ぜひInstagramのコメントやタグ付けで感想を聞かせてください!

おまけ

濃厚で美味しい練り胡麻ペースト。チューブに入っているので使い勝手も抜群です。

広告
この記事をシェアする
Home Gourmetをフォローする
Home Gourmet(ホームグルメ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました