桜海老とししとうのふわとろオムレツの作り方/レシピ

フレンチな前菜
フレンチな前菜イタリアンイタリアンな前菜スペイン料理簡単レシピすぐできるレシピ本格レシピ
広告

今回紹介するのは具材を混ぜて焼くだけ、10分以内にサクッとできるとってもお洒落なオムレツです。

所謂オープンオムレツスタイルで、ひっくり返す必要がないので比較的簡単に作れます。

スパークリングワインやビールに最高。見た目も映えるのでホームパーティーにもピッタリです。

広告

材料(1〜2人前)

・たまご 3個
・乾燥桜海老 ひとつかみ(6~7g)
・ししとう 1個
・パルミジャーノレッジャーノ 5g
・レモン ほんの少し
・塩 小さじ1/3
・オリーブオイル 小さじ1

パルミジャーノレッジャーノは市販の粉チーズで代用しても構いません。
レモンは仕上げに皮を少しすりおろして汁を絞りますが、無ければポッカレモンやお酢を5〜6滴くらい垂らして代用してください。

ししとうの代わりに”ギンティージャ”というスペインの青唐辛子の酢漬けを使うとより本格的になります。
ただ、なかなか入手ハードルが高いので私はいつもししとう+レモンで代用します。

所用時間

10分

作り方

1. ししとう1個のヘタを取り、スライスする。(種ごとでかまいません)

2. ボウルにたまご3個を割り入れ、桜海老ひとつかみ、ししとう、すりおろしたパルミジャーノ5g、塩小さじ1/3を加えてよく混ぜる。

3. 小さめのテフロン加工のフライパン* にオリーブオイル小さじ1をひいて中火にかける。

*たまご3〜4個であれば20cmくらい。6〜8個であれば24~26cmくらいが最適。
 下にオススメを貼っておきます。

4. フライパンが温まりオイルがサラサラしてきたら、たまごを一気に流し込む。

5. フチから固まってくるので、スプーンや耐熱のゴムベラなどで外から中へ大きく混ぜる。

外から中へ

すぐに固まってくるので手早く

40%くらい固まってきたら次の工程へ(まだ上面は半生)

スプーンや耐熱ゴムベラなどでフチを1周優しく押して形を整える

6. 底面が固まってきたら、火を極弱火に落としてフチの部分の形を整える。

7. 形が整ったら蓋をして、極弱火のまま40秒〜1分

8. 上面にもほんの少し火が通って半熟とろとろになったらお皿にスライドして盛り付ける。

9. よく洗ったレモンの皮をすりおろして、レモン汁をほんの少し絞れば完成!
レモンがなければ白ワインビネガーや米酢をほんの数滴垂らしてください。

じゃじゃーん!

これはやばくないですか・・・? 

 

たまごの火入れには少しコツが必要ですが、ぜひ練習してマスターしてください。
中火からの弱火ですよ!

おまけ

余ったししとうはこれで決まり!

スペインの超定番タパス ししとうの揚げ焼き【ピミエントスデパドロン】の作り方/レシピ
スペインバルの超定番おつまみピミエントスデパドロン...

一緒におすすめのレシピはこちら。

スペイン料理のレシピです
「スペイン料理」の記事一覧です。
イタリアン
「イタリアン」の記事一覧です。

おすすめのフライパン

・20cm(このサイズ意外と便利です!目玉焼きとかウインナーちょっと焼くときとか最高ですよ)

・24cm (3~4人前のオムレツならこちらのサイズを)

広告
この記事をシェアする
Home Gourmetをフォローする
Home Gourmet(ホームグルメ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました