香ばしさがたまらない!極上の鴨鍋の作り方/レシピ

和食
和食本格レシピ
広告

お家でできる本格的な鴨鍋のレシピを紹介します。

鴨は皮面を香ばしく焼き、落ちた脂でネギを焼くことで香ばしさとネギの甘味を引き立たせるのがポイントです。

鴨肉の代わりに鶏もも肉を使っても美味しいですよ。
https://homegourmet.net/2023/12/02/torinabe/

広告

材料(2人前)

  • 鴨ロース   200g(出来ればブロックのものを。大きいスーパーで冷凍コーナーに時々あります)
  • 長ネギ    2本
  • ごぼう    1本
  • 芹      1パック
  • 焼き豆腐   1丁(300g)
  • 出汁     1000cc
  • 濃口醤油   100cc
  • みりん    50cc

野菜は他にも、三つ葉やクレソン、白菜などもおすすめです。

出汁は出汁パックがおすすめですが、顆粒出汁などお好みのものを使ってOKです。

所要時間

30分

作り方

  1. 出汁を1000ccを用意する。
  2. 長ネギを斜めに、芹・焼き豆腐を1口サイズにカットする。
    牛蒡はたわしや丸めたアルミホイルで表面の土を洗い流し、斜めに薄切りにする。

 

3. フライパンを中火で熱して鴨肉の皮面のみを香ばしくなるまで焼く。

冷凍のものを解凍する場合は、できれば前日から冷蔵庫に入れておきましょう。
もう少し!
皮がこれくらい香ばしくなるまで焼く。身側は生のまま。

4. 鴨から出た脂でネギを焼く。火加減は強火でさっと焼き目をつける。

これくらい焼き目をつける

5. 鴨肉を薄くスライスする。皮が外れないように皮を下にして、皮1枚まで刃を入れたら一気に断ち切る。

皮1枚まで刃を入れ、残した皮を一気に断ち切るようにグッと力をいれて切る
皮が綺麗に残ったまま切れる

これで具材の準備が完了。

6. 出汁1000ccに濃口醤油を100cc、みりんを50ccを加え、準備は完了。

出汁に塩分が含まれる場合は、醤油を少し減らして調整を。かけ蕎麦のつゆくらいの塩分が目安。


卓上でつゆを弱火でぎりぎり沸騰しないくらいにキープして、豆腐、牛蒡から先に入れる。
豆腐、牛蒡に火が通ってきたら、ネギと芹をいれて鴨をしゃぶしゃぶのように食べるのがおすすめ。

鴨はすぐに固くなってしまうのでしゃぶしゃぶスタイルがおすすめ
途中煮詰まってしょっぱくなってしまったらお湯を足してください

お好みで七味や山椒、柚子胡椒をつけてどうぞ。

締めはお蕎麦がおすすめ。
たっぷりのお湯で茹でたら、しっかりと流水でぬめりを洗い流してから入れましょう。

ビール、日本酒があいすぎる大人の鍋料理です。
ぜひお試しください!

おまけ

・鴨胸肉:スーパーで手に入らない方はAmazonでどうぞ。フランスの高級レストラン御用達のハンガリー産。

ハンガリー産 合鴨ロース ステーキカット 200~240g (1個)【レシピ付き】
世界の美味しいがお手頃価格!豊代
¥980 (¥980 / 個)(2024/02/25 12:40時点)

 

広告
この記事をシェアする
Home Gourmetをフォローする
Home Gourmet(ホームグルメ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました