温めて混ぜるだけで簡単!ホタテとレモンのクリームパスタ

ホタテとレモンのクリームパスタパスタ
ホタテとレモンのクリームパスタ
パスタイタリアン簡単レシピすぐできるレシピ
広告

コクのあるクリームと爽やかなレモンの香りと酸味がマッチするレモンクリームのパスタをご紹介します。

一見難しそうに見えますが、手順自体は至ってシンプル。
生クリームを温めて、茹で上げたパスタとチーズ、レモン汁とレモンの皮をかけるだけ。

生クリームは脂肪分35%程度のすっきりとしたものが良いと思います。
100ccの小さいものであれば、2人前で使い切る事ができます。

具体的には中沢かタカナシのクリームがおすすめです。

パントリークリーム(100ml) - 製品紹介 - NAKAZAWA 中沢グループ 「生クリームの美味しさをゆっくり、しっかり」
パントリークリーム(100ml) - コーヒーや紅茶をさらにおいしく、お料理にも便利です。中沢グループのオフィシャルウェブサイト。生クリームを中心とした家庭用・業務用乳製品の製造販売。中沢グループについてや製品、製法に関する情報を提供しています。
北海道純生クリーム35 | タカナシ乳業株式会社
横浜市旭区。牛乳や乳製品の製造販売。会社概要、製品情報、宅配システムの紹介

今回、具材に選んだのはホタテ。
ホタテ以外にもその他の季節の貝類や、鶏胸肉、ささみなんかもよく合います。

広告

材料(2人前)

・リングイネ         140g
・ホタテ(刺身用)      5~6個
・生クリーム         100cc
・パルミジャーノレッジャーノ  20g
・レモン           1/2個
・塩             小さじ1/3

パスタはリングイネ以外にもタリアテッレや太めのスパゲッティも良く合います。
冒頭にも書いていますが、生クリームは乳脂肪35%程度のものがおすすめです。

レモンは皮まですりおろして使うため、国産のノーワックスのものを選びましょう。
※輸入物を使う場合は、塩で果皮をこすり洗いし水でよく流して使う。

所要時間

15分

作り方

1. パスタを茹でる湯を沸かす。

2. パルミジャーノ20gをすりおろし、ホタテ5~6個は手で適当にちぎる。レモン1/2個は搾りやすいよう果肉に切り込みを入れる。

3. パスタを優しく沸騰する火加減で茹でる。湯には味噌汁よりも少し塩っぱくなる程度に塩(分量外)を入れ、茹で時間は表記時間の30秒前に設定する。

・塩加減は水1ℓに対して小さじ2と1/2が目安。この塩加減はとても重要なので、計量しない場合は必ず味見して確かめること。
4. フライパンに生クリーム100ccを加えて温める。
・生クリームは温めるだけ。重くなってしまうので沸いたら火を止めて決して煮詰めない。

5. 生クリームが沸いたら火を止めて、塩小さじ1/3加える。

6. パスタが茹で上がる直前にホタテを鍋に加えて10秒ほど一緒に茹でる。

7. 茹で汁大さじ2とパスタとホタテ、パルミジャーノを加え、中火で温めながらさっと和える。

8. ソースが絡んだら火を止めてレモン1/2個を絞る。

9. 器に盛ってレモンの皮をすりおろす。(おろし金でもすりおろせます!)

完成!

いかがでしょうか?

生クリームは煮詰めると重くなってしまうので、温めるだけに留める事。
少し重いなと思ったら茹で汁を加えて伸ばすと、最後まで飽きずに食べられますよ。

ぜひ試してみてください!
簡単ですが、喜んでもらえること間違いなしです!

広告
この記事をシェアする
Home Gourmetをフォローする
Home Gourmet(ホームグルメ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました