つなぎ無しで作る!肉肉しいハンバーグステーキ(ステークアッシェ)

フレンチなメイン
フレンチなメインフレンチ簡単レシピ本格レシピ
広告

みんな大好きハンバーグ!

お家で作ろうと思うと結構大変ですよね。
玉ねぎを炒めて、パン粉やら卵やら必要な材料も沢山。

もちろんそうした洋食屋さんのハンバーグも最高なんですが、今日紹介するのは玉ねぎすら入れないお肉100%のハンバーグ
ハンバーグというよりも挽肉のステーキというイメージです。

フランスでは文字通り挽肉のステーキという意味のステークアッシェという名で親しまれているこの料理。
材料は超シンプル。簡単で手軽に作れて、めちゃめちゃ美味しいです。

それでは早速いきましょう。

広告

材料(1人前)

・牛挽肉      200g
・塩        2g(小さじ2/5)
・胡椒       適量
・ナツメグ     3振り
・お好みの付け合わせ(今回はルッコラのサラダを)
・マスタード    お好み

お肉は合挽肉でもOKです。
できればお肉屋さんで粗めに挽いてもらうとより美味しいです。

味付けはほぼ塩だけなので、できれば美味しい天然のお塩を選んでください。

所要時間

30分

美味しく作るポイント

・肉の脂が溶け出さないよう冷やした肉をヘラで粘りが出るまで混ぜ合わせる
・肉の重量に対して1%の塩をする
・表面に割れ目ができないよう丁寧に整形する

作り方

1. ボウルに冷蔵庫から出したての挽肉200g塩2g(小さじ2/5)を加える。

・ぬるくなると脂が溶け出して繋がりづらくなるので冷えた状態で調理する
・塩加減は肉の重量に対して1%

230gのお肉に対して約2gの塩

2. 多めの胡椒ナツメグ3振りを加える。

ナツメグは無ければ省略しても良いですが、入れると一気にレストランの味になります。

3. ヘラを使ってよくこねる。

よくこねる

全体にまとまりが出てきたらOK

・体温でも脂が溶け出して繋がりづらくなるのでヘラを使ってこねる(手も汚れない!)
塩を入れてからよくこねることで肉のタンパク質が変性し粘りがでる

4. ハンバーグの形に成形する。この時割れ目のないスムーズな表面になるように愛情をこめて成形する。

・ヒビ割れから肉汁が溢れてしまうので丁寧に成形すること

5. テフロン加工のフライパンにハンバーグを置いてから弱火にかける。

・中が生焼けにならない様にゆっくり火を入れるため、フライパンが常温の状態からスタートする
・くっつかないテフロン加工のフライパンがおすすめ

6. 肉に脂が多く含まれる場合は余分な分をペーパーで拭き取る

7. 弱火のまま約5~7分くらいじっくりと焼いて、これくらいの焼き目がついたらひっくり返して蓋をする

蓋をして蒸し焼きにすることで中まで火を通す

8. 7分程度焼いたら裏面も焼き目がついているはず。余分な脂を拭き取ったら再度ひっくり返して蓋をし、追加で3分蒸し焼きにする。

9. サイズによるが、弱火で15~20分で火が通っているはず。
一番大きいハンバーグの真ん中分厚い部分に箸や金ぐしを刺して、透明な肉汁がでてくればOK。
赤い汁が出てきたら再度蓋をして焼く。

10. 付け合わせと一緒に器に盛り、好みでマスタードを添えたら完成!

器はできれば事前に温めましょう。レンジ対応のお皿はレンジで40秒ほどで温まります。

どうでしょうか?いつものハンバーグとは一味違ったハンバーグになっているかと思います。

ぜひ試してみてください!

Twitter、Instagramもやってます!フォローをお忘れなく!

広告
この記事をシェアする
Home Gourmetをフォローする
Home Gourmet(ホームグルメ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました