油少なめ!漬け込みも二度揚げもなし!究極の鶏の唐揚げ(竜田揚げ)の作り方/レシピ

油少なめで揚げる唐揚げ(竜田揚げ) 和食
和食お肉のおかず本格レシピ
広告

少ない油で、二度揚げもせずにシンプルで本当に美味しい唐揚げを作るレシピをご紹介します。

人それぞれこだわりがあると思いますが、私の理想は花の咲いた(粉が吹いた)カリッとした薄衣に醤油味が際立った唐揚げ。
どちらかと言えば竜田揚げと呼ばれるタイプです。

※唐揚げと竜田揚げの違いはこちらを参照してください。超詳しく書いてあって勉強になります。

唐揚げと竜田揚げの違いとは? | 京調ブログ
スーパーの店内を歩いていると、唐揚げや竜田揚げなど...

少ない油で揚げるのにはコツが入りますが、詳しく解説します。必見ですよ。

広告

材料(1人前)

・鶏モモ肉 1枚(250g)
・醤油   大さじ2
・みりん  大さじ1
・片栗粉  大さじ3
・米粉   大さじ3

衣は片栗粉だけでも美味しく作れますが、米粉をブレンドすると醤油と混じってお煎餅のような香ばしさが立つのでおすすめです。
小麦粉は脂を吸ってべちゃっとなりがちなので、個人的にはおすすめしません。

また、今回のタレは醤油とみりんだけのシンプルなものですが、お好みでおろし生姜やにんにくを加えてアレンジしてください。
私は時々柚子胡椒や山椒、豆板醤なんかも加えてアレンジします。(これもそのうち書きますね)

所要時間

20分

美味しく作るポイント

醤油2:みりん1のタレに鶏肉をくぐらせる
・衣は米粉と片栗粉を1:1でブレンドか、片栗粉100%
衣づけはつけ残しが無いよう丁寧にし、はたかずに少し多めにつけておく
・油は180度スタート、鶏肉を入れて下がった温度を中火で再び180度まで徐々に上げるイメージ
・温度が下がりすぎないよう、一度に揚げる量はモモ肉1枚分を目安に
・泡の大きさ、油の音をよく観察して揚げる(勢いのいいシュワシュワをキープ
・少ない油で中まで火が通るよう鶏肉は平たい形
・揚げ残しの無いように側面も丁寧に揚げる
・揚げ時間はトータル5分が目安、最後15秒は強火

作り方

1. 鶏モモ肉を気持ち大きめの1口サイズにカットする。
※皮付きの唐揚げは個人的に胃もたれするので皮は取り除いています(汗)
が、皮付きで揚げる場合のコツがあるので1個だけ皮を残しました☺️

2. ボウルで醤油大さじ2、みりん大さじ1 を混ぜ合わせ、鶏肉を絡める。
※塩っぱめのタレなので漬けおきは必要ありません。

☝️ポイント
・醤油2:みりん1のタレにさっと絡めるだけで表面に醤油の味をまとわせる

3. 別のボウルやバットに片栗粉大さじ3、米粉大さじ3を混ぜ合わせ、タレをさっと切った鶏肉をまぶしていく。
※米粉がない場合は片栗粉100%でも美味しく作れます。

☝️ポイント
粉のついていない箇所がないように丁寧にまぶす
粉は写真のように多めにまぶしてはたかない。
・皮付きの鶏肉を使う場合は写真のように皮を張った状態で粉をまぶす。

粉をまぶしたらバットに広げてこのまま置いておいてもOK。時間のある時にここまで仕込んでおけます。

4. 揚げる準備をする。
魚焼きグリルや、バットに網をかませてクッキングシートやアルミホイルを挟むと片付けが楽ですよ。

油は5mm〜1cmくらいの深さでOK。少ない油で水位を稼ぐために小さめの鍋、フライパンがおすすめです。
中火で温度は180度(濡らしてから拭き取った菜箸を入れ、細かい泡が勢いよくシュワシュワでてくる程度)を目安にする。

☝️ポイント
・大きい泡がバチバチ出てきたら温度が高すぎるので、一度火を止めて180度まで落としてください。

油の温度の見方はこちらが参考になります。

揚げ油の温度|料理の基本・初心者向け情報|レシピ大百科(レシピ・料理)|【味の素パーク】たべる楽しさを、もっと。
菜箸を一度ぬらしてしっかりと水分を拭き取ってから、...

5. 鶏肉を中火のまま揚げていく。油の温度が下がりすぎないように一度に入れる量は鶏モモ肉1枚を目安に。

鶏肉を加えると油の温度が下がりますが、中火で加熱していくとまた上がっていきます。

☝️ポイント

・少ない油で中まで火を通すよう、鶏肉は丸めず平たい形で揚げる。また、皮付きの場合は皮面を下にして揚げる。

・写真のように泡が勢い良く出ながらもシュワシュワいう程度をキープしてください。
泡の勢いがない場合は温度が低いので火を少し強く、バチバチいう場合は温度が高すぎるので弱火にして調整を。

・衣が剥がれないよう、衣が固まるまでいじらない

6. 2分ほど経った側面が白くなってきたらひっくり返し、裏側も同様の火加減をキープして2分ほど揚げる。

いい色!

7. 油に浸らなかった側面も揚げる。

☝️ポイント

・生の粉は美味しくないので側面も必ず丁寧に!

8. 両面と側面で合計5分ほど揚げたら最後に強火にして10秒揚げて引き上げる

☝️ポイント

・最後に強火で温度を上げることでカリカリ感をアップし、油もさらっとするので衣に残りづらくなります。

続けて揚げる場合は網などで衣のカスを必ず取り除いてから鶏肉を入れてください。

熱いうちに器に盛って完成!

じゃじゃーん。

花の咲いたカリカリ薄衣に、少し焦げた醤油の香ばしい香りがたまりません・・・!

お好みでマヨネーズや黒酢などをつけて召し上がってください。

鍋に残った油はキッチンペーパーで拭き取って簡単に処理できますよ☺️

いかがでしょうか?

ぜひ作ってみて感想を聞かせてください。

Instagram、Twitterのフォローもお忘れなく!

一緒におすすめのレシピはこちらから☺️

404 NOT FOUND | Home Gourmet(ホームグルメ)
毎日の食卓を美味しくするレシピサイト
広告
この記事をシェアする
Home Gourmetをフォローする
Home Gourmet(ホームグルメ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました